HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 土木分野 >> トンネル >> ケミハード工法 HOME
遊間部舗装連続化装置
フラット工法

1ケミハード工法とは

クラックチェッカー 本工法は、コンクリートと同等の強度を有する耐久注入材(セメント系2液性グラウト)を使用した空洞・空隙充てん工法です。
 経年変化、自然現象(地震、集中豪雨等)による変状に対応し、特に永久構造物に対して有効です。
 また、早期強度発現性に優れることから、交通開放等で時間の制約がある箇所でも適用が可能です。
 さらに、流動性を保持する時間(ゲルタイム)を調整できる高強度グラウト(ケミハード工法)と、耐水性に優れる可塑状グラウト(ケミハード工法II 型)を使い分けることで、地盤改良から空洞充てんまで幅広い適用が期待できます。





2 主な特長

@ 耐久性に優れた高強度グラウトと可塑状グラウトから選択できます。
A 高強度グラウトは、早期に高い強度が得られます。
B 高強度グラウトは、ゲルタイムを瞬結〜1分程度に調整可能です。
C 狭隘空間や微細な隙間、緩んだ地山まで注入可能です。
D 2液等量で注入するため、品質管理が容易で、簡単な施工機械、少人数で施工できます。


3適用範囲

  • 橋梁・橋台の直接基礎部の空隙・空洞。
  • 堤防・擁壁内部の空隙・空洞。
  • 建築物(ビル、工場、駐車場など)の基礎下部の空洞。
  • 道路路面下および橋台踏掛版等に発生する空隙・空洞。
  • 空港駐機場の空隙・空洞。
  • 覆工コンクリートに発生した空隙・空洞。
  • 護岸・桟橋背面の空隙・空洞。
  • その他、高強度を必要とする構造物背面の空隙・空洞。
    (表面乾燥するような場所への施工は避けてください。)


4施工手順

 A液、B液をそれぞれのミキサーにて混練し、注入ポンプにて注入します。
 2液が合流するスタテックミキサーで「ケミハード」を製造し、所定のゲルタイムによって注入ホース、注入管を
経由して構造物背面の空洞等に充てんします。(瞬結の場合は2重管先端部で製造します。)

【橋脚下部空洞施工例】



5使用材料

ケミハード工法では、以下のような材料を使用しています。

  • 固化剤A
  • 固化剤B
  • 促進剤(ケミハード工法のみ)
  • FG粘着剤(ケミハード工法 II 型のみ)
  • 助剤

7お問い合わせ

▲TOP