HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 土木分野 >> 橋梁 >> ツインプレート工法 HOME


ツインプレート工法 「ツインプレート工法」は、従来の補強工法の適用が困難で、しかも打替えが困難と判断される鉄筋コンクリート床版に対して適用できる補強工法です。
 既設床版の上面・下面に補強鋼板を配置し、貫通ボルトで連結一体化して補強するもので、打替え工法採用による廃棄物の発生を少なく抑えることができます。

ツインプレート工法は以下の特長を有しています。

  1. 床版打替えの場合と比較して、既設床版や高欄などを撤去する必要がないため、廃棄物の発生を抑え、資源の有効活用とコストの縮減に結びつきます。
  2. 既設床版と上面・下面の鋼板を特殊ハイテンションボルトにより連結一体化することにより、床版の曲げおよびせん断耐力の大幅な向上を図れます。
  3. 特殊ハイテンションボルトで床版と上・下鋼板を一体化することで、じん性のある床版にすることができます。
  4. 鉄筋コンクリートT桁橋や合成桁橋など、構造や施工上床版打替えが困難と思われる場合に最適な工法です。
  5. 上面・下面の鋼板により床版の押し抜きせん断破壊の心配がなく、補強後の桁下へのコンクリート片の落下による第三者被害の恐れがありません。

構造:

本工法は、床版に空けた標準間隔30cmの削孔内に特殊ハイテンションボルトを設置し、上下の鋼板を締め付け固定したのち、鋼板と床版の隙間に無収縮グラウト材を注入して鋼合成サンドイッチ構造を形成する構造です。


施工手順:

施工は以下の手順を基本とします。

舗装切削
コンクリートコア削孔
下面鋼板取付け
ボルト取付け
上面鋼板取付け
ボルト締め付け
シール、無収縮グラウト材注入
橋面防水、舗装
仕上げ、塗装
完成
コア削孔
下側鋼板取付け
上側鋼板取付け
グラウト注入


補強効果確認試験状況

実橋から切り出された損傷の大きい床版に対する補強効果確認試験により、当工法の高い補強効果が確認されています。

ツインプレート工法では、以下の材料を使用しています。


  • PDFカタログ
  • ツインプレート工法に関するお問い合わせは、最寄の各営業所までお願いします。

▲TOP