HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 土木分野 >> 橋梁 >> 鋼板巻き立て工法 HOME


鋼板巻き立て工法「鋼板巻き立て工法」は、既設の鉄筋コンクリート橋脚に補強鋼板を巻き立て、橋脚の曲げ耐力、せん断耐力およびじん性の向上を図る耐震補強工法です。



鋼板巻き立て工法は、以下の特長を有しています。

  1. 補強鋼板によりせん断耐力およびじん性を向上させます。
  2. フーチングと鋼板を繋ぐ定着アンカーを設置することで、曲げ耐力の向上を図ることができます。
  3. 柱基部の鋼板とフーチング上面間の隙間に塑性ヒンジを生じさせ、橋脚の脆性的な破壊を防ぐことができます。
  4. 他の補強工法に比較して死荷重の増加が少なく、基礎への影響も小さく抑えます。
  5. 補強後の柱断面が大きく変化しないため、桁下空間を利用している場合に有効です。



構造:

  • 鋼板は4分割を標準とし、コンクリートアンカーにて設置後、現場溶接にて一体化します。
  • 鋼板下端とフーチング上面間は5cm〜10cm程度の隙間を確保して、大きな地震力の作用時には塑性ヒンジを形成させます。
  • 矩形柱では横方向の拘束効果を高めるため、柱下端の鋼板を取り囲むようにH形鋼を配置して、鋼板による拘束効果を高めています。
  • フーチングに定着アンカーを設置することで、曲げ耐力の向上ができます。その場合、アンカー筋の量を増減させることで、基礎へ作用する地震力を制御します。
  • 鋼板とコンクリート躯体間には、無収縮モルタルやエポキシ樹脂を注入充てんします。
施工手順:

施工は以下の手順を基本とします。

掘削、山留め工
足場架設
コンクリート面の下地処理
アンカー削孔
原寸取り
鋼板取付け
フーチング定着アンカー
現場溶接
鋼板廻りシール、注入パイプ取付け
注入材の注入
鋼板塗装
足場撤去
根巻きコンクリート打設
埋め戻し、山留め撤去
完成

 

 

鋼板の現場溶接 鋼板下端定着アンカー 注入材の注入 根巻きコンクリート




旧建設省土木研究所等で実施された載荷試験により、本工法に対する補強効果が確認されています。
また、阪神淡路大震災の際、この工法で補強した柱は全く倒壊せず、工法の効果が確認されました。



鋼板接着補強工法では、以下の材料を使用しています。


  • PDFカタログ
  • 下部工補強工法としての鋼板巻き立て工法に関するお問い合わせは、各営業所までお願いします。

▲TOP