HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 土木分野 >> 防災 >> ウルトラシェッド工法 HOME


ウルトラシェッド工法ウルトラシェッド工法は、従来工法に比べ、あらゆる面でその性能を大きく向上させたロックシェッドで、加えてコスト縮減・工期の短縮が期待できる優れた工法です。

  1. 上下鋼板がボルトで結合され、さらにコンクリートで合成されているため押し抜きせん断破壊がなく、荷重が版に広く分配されます。
  2. 版が薄く柔軟性に富むため、大きな衝撃力が変形エネルギーとして吸収されます。(実大規模実験によればRC、PC構造に比べ50%程度に衝撃力が緩和されます。)
  3. 死荷重が著しく小さいため、平常時・地震時両面で基礎工が小さくてすみます。
  4. 頂版厚が薄いため、RC構造に比べて頂版工事費が10%以上縮減できます。
  5. 架設時からコンクリート打設までパネルが自立できるので、支保工架設の必要がありません。このため交通規制も少なくてすみます。
  6. 現場での支保工や型枠、配筋作業がなく、パネルを組み立ててコンクリートを打設するだけなので、RC構造と比べ工期が1/2程度ですみます。

 

  1. 現地測量後、フーチングにアンカーフレームを設置します。
     
  2. クレーン車等により柱、頂版部を架設、結合します。
     
  3. 添接板とHTボルトで幅員方向を順次連結します。
     
  4. 上鋼板の打設孔より、高流動コンクリートを打設します。
     
  5. コンクリートの硬化後、頂版上に緩衝材として敷砂を90cmの厚さまで敷設します。




ウルトラシェッド工法は、北海道開発局との共同研究によって開発され、共同実験「実物大供試体による衝撃実験」によって、その耐力が確認されています。

  • 幅員 9m、長さ(道路延長方向)7.7m、厚さ30cm、建築限界4.5mを確保した実大規模の供試体を製作。頂版上には、90cm厚の敷砂を敷設。
  • 高さ30mより重錘(10tf)を自然落下させ、耐力を検証しました。

    ■実験結果……使用上異常なし


  • PDFカタログ
  • ウルトラシェッド工法に関するお問い合わせは、最寄の弊社各営業所までお願いします。

▲TOP