HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 土木分野 >> 下水道 >> PSシート工法 HOME


PSシート工法PSシート工法は、下水道施設における腐食環境の中で、特に厳しい腐食グレードにも対応できるシート型ライニング工法です。従来のシートライニング工法では達成できなかった様々な要求に応えて開発した後貼りシートライニング工法で、シート取り付け時に、アンカーを用いないノーアンカー工法である等、全く新しい発想から生まれた工法です。

PSシート工法は以下の特長を有しています。

  1. 耐薬品に優れた成型板
    耐酸性や耐アルカリ性に優れ、日本下水道事業団「下水道コンクリート構造物の腐食抑制技術及び防食技術指針・同マニュアル」で定められた種の品質規格に適合します。
  2. 施工性の追求
    PSファスナーを使用することにより、アンカーボルトや支保工が不要です。
  3. 安定した品質を確保
    工場製作された成型板のため、安定した品質が確保できます。また、下地が湿潤状態でも水中硬化型エポキシ樹脂注入材を使用することにより、施工できます。
  4. 断面形状に対する自在性
    矩形面や直径1.2m以上の円形形状(管渠・人孔)に対応でき、部分施工も可能です。



PSシート工法は、以下の手順で施工します。

PSファスナーの設置
PSシートの取付け
注入
完成
表面処理
超高圧水・ディスクサンダーで、コンクリート表面の汚れや脆弱部を除去し、断面修復材で素地を平滑に仕上げます。

PSファスナーの設置
PSファスナーをPSシートの接着面およびコンクリート面に取付けます。

PSシートの取付け
PSシートをコンクリート面に仮固定します。

シール
PSシートの取付け完了後、周囲をシールし、注入パイプとエア抜きパイプを同時に設置します。

注入
水中硬化型エポキシ樹脂注入材を注入します。

養生
注入材の硬化養生を行います
仕上げ
注入パイプとエア抜きパイプを除去後、PSシート表面とシール面の仕上げを行います。

完成





PSシートには、防食タイプと防食・補強タイプの2種類があります。PSシートを下面に貼付けた梁供試体の曲げ載荷実験で、その補強性能を確認しています。無補強梁に比べて、防食タイプ、防食・補強タイプでは、耐荷力の向上が確認され、防食効果に加えて補強効果もあることが実証されています。無補強梁を事前に載荷してひび割れを導入した試験体においても、補強性能は変化しません。エポキシ樹脂をPSシートの裏面に注入する際、コンクリートのひび割れ内部にもエポキシ樹脂が注入された結果と考えられます。





PSシートは、ガラス繊維補強不飽和ポリエステル板にビニルエステル樹脂をコーティングしてあります。シートには、防食を目的とした防食タイプと炭素繊維クロスを布設した防食・補強タイプの2種類があります。

タイプ 材質・仕様 標準厚mm
PDF防食タイプ ・ビニルエステルコーティング(100μm)
・ガラスマット混入不飽和ポリエステル樹脂
4.0
PDF防食・補強タイプ ・ビニルエステルコーティング(100μm)
・ガラスマット混入不飽和ポリエステル樹脂
・炭素繊維クロス(600g/
4.0


下水処理場幹線流入部 下水処理場流入渠 下水道処理場汚泥貯留槽


  • PSシート工法は、平成14年には、建設技術審査証明を取得しています。
  • PSシート工法に関するお問い合わせは、下水道防食協会または最寄の各営業所までお願いします。

▲TOP