HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 土木分野 >> 河川・水利構造物 >> Wフィルグラウト工法 HOME

Wフィルグラウト工法近年、補修における空洞充てん注入の重要性が再確認されています。空洞には水を伴うケースが多く、耐水性のグラウト材が望まれています。そのような中で開発されたのが、新しいタイプの2液性水中空洞充てん注入工法「Wフィルグラウト工法」です。

Wフィルグラウト工法は、以下の特長を持った工法です。

  1. 水に希釈されません。
  2. 可塑状モルタルなので限定注入が可能です。
  3. 充てん性のよい施工ができます。
  4. 使用機械が小型で、スペースをとりません。
  5. 環境に優しい材料です。(土壌環境基準に適合しています。)
    ※「可塑状モルタル」=自己流動性はありませんが、若干の加圧で流動化するモルタル(ソフトクリーム状)
    「Wフィルグラウト工法」は、河川および港湾の護岸背面はじめ、既設構造物周辺のあらゆる空洞充てんに適しており、特に水中では、その特性を充分に発揮します。



当該工法は、A液、B液を別々に混練り・圧送し、ミキシングユニットで2液を混合してできる可塑状モルタルを、注入ホース、注入管を用いて所定の空洞に充てんします。

▲フロー試験
 A液のみの場合
▲A液とB液を混合した場合 ▲A液とB液を混合し、可塑状モルタルとなったWフィルグラウト





Wフィルグラウト工法は、水中における材料分離抵抗性(水中打設実験)、耐水性(水中浸漬試験)、耐海水性(海水浸漬試験)等の試験を行い、各種物性の確認をしています。また、水質試験や溶出試験を行って、環境安全性の確認をしています。詳しくは、弊社各営業所までお問い合わせください。





Wフィルグラウト工法で使用する材料を示します。

  • セメント(普通ポルトランドセメント)
  • FG粘着剤
  • FG可塑剤
A液 1.0 B液 0.05 物 性
セメント FG粘着剤 FG可塑剤 A液比重 A+B液・圧縮強度
25日(N/
400 25 864 29.4 35.3 1.29 1.0
450 25 848 29.4 35.3 1.32 1.5
500 25 832 29.4 35.3 1.36 2.0

■使用材料の働きと性状
セメント:普通セメント
FG粘着剤:水とセメントに粘着性を持たせるとともに、A液の分散効果およびグラウトの強度発現を促進する。
       (薄黄色粉体、比重2.6、荷姿25kg袋入)
FD可塑剤:グラウトを瞬時に可塑状にする。
       (白色粉体、比重1.6、荷姿25kg袋入/可溶性のため混練時には比重2.0で計算します。)
■A液に対するB液の量は水温に応じて5〜8%の範囲で決定する必要があります。



橋脚フーチング 吹付けのり枠 護岸


▲TOP