HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 建築分野 >> KTブレース工法 HOME

KTブレース工法KTブレース工法は、鉄骨ブレース増設による耐震補強工法の一つで、斜材をH型鋼ではなく、すっきりとしたKTブレース(円形鋼管の端部にピン接合機構を有する引張・圧縮構造部材)を用いた工法です。



クリックで拡大します。
クリックで拡大します。
KTブレース工法は以下の特長を有しています。
  1. 高いデザイン性
    KTブレースは円形鋼管のため、パネルなどで覆わず剥き出しのまま直接塗装仕上げが可能で、スマートな納まりとなります。特に学校などで使用しても生徒が怪我をする危険性もありません。
     
  2. あらゆる鉄骨ブレースタイプにも適用可能
    従来工法鉄骨ブレース、鉄骨ブレース接着工法、外付け鉄骨ブレースと、様々な鉄骨ブレースタイプに取付けることができます。
     
  3. あらゆる構造の耐震・制震補強として適用可能
    単管タイプ(軸力管のみ)と二重管タイプ(軸力管と補剛管で構成)とを取り揃え、建物の構造によって最適な選択ができます。また、二重管タイプの軸力管に低降伏点鋼管を用いることにより、地震時の建物の揺れを最小限に抑える制震ダンパーとして機能します。

KTブレースの取付けは、以下の手順で行います。

  1. 上部側クレビスをガセットプレートへ差し込み、ピンを挿入する。
  2. 脚部側クレビスをガセットプレートへ差し込む。
  3. 軸力管を回転させ、部材長を±10mmの範囲で調節する。
  4. 脚部側クレビスにピンを挿入する。

KTブレースの単管タイプの種類を以下に示します。クレビス呼び4種類、軸力管11種類の組合せになります。

部材番号 クレビス 軸力管 最大座屈長さ
(mm)
呼び ねじサイズ

外径(mm)

厚さ(mm) 断面積(c
S-1 40 M105×3 135.0 7.0 28.15 2629
S-2 146.0 8.0 34.68 2835
S-3 55 M145×3 190.7 7.0 40.40 3770
S-4 190.7 8.0 45.92 3750
S-5 190.7 10.0 56.77 3711
S-6 70 M160×3 244.5 8.0 59.44 4852
S-7 244.5 10.0 73.67 4813
S-8 244.5 12.0 87.65 4774
S-9 90 M200×3 273.1 12.0 98.43 5360
S-10 273.1 15.0 121.6 5302
S-11 318.5 15.0 143.0 6231


構面内補強タイプ
クリックで拡大します。
外付け補強タイプ 外付け補強タイプ断面イメージ
(クリックで拡大します)

 

  • PDFカタログ
  • このKTブレースの製造元はJFEシビル(株)で、ショーボンド建設は販売代理店となっています。また、KTブレースは、国土交通大臣認定書(国住指第79−1号他)を取得しています。
  • ショーボンド建設では、施工はもとより補強設計支援も行っています。KTブレース工法に関するお問い合わせは 、弊社東京建築支店、大阪建築支店、東北建築支店まで、お願いします。

▲TOP