HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 調査・診断・施工管理技術 >> 目視点検 HOME
目視点検
塩害に特徴的な錆汁、ひび割れ

構造物の調査・点検において、目視点検は最も基本的な方法です。
目視点検を行うことで、構造物に見られる特徴的な変状を見極め、また、写真や詳細な調査結果からは判りにくい、その構造物が置かれている環境や利用状況などを知ることにもつながります。
これによって、劣化や損傷の原因をある程度推定でき、また詳細調査の結果を踏まえ、最終的な判定を下す際にも重要な根拠となります。
医者が患者を見ずして診断を下せないのと同様に、コンクリート構造物も必ず一度は目視点検を行うことが重要です。

ASRに特徴的な亀甲状ひび割れ

なお、目視点検では、簡易な器具を用いた調査、例えばクラックスケールを用いたひび割れ幅の測定や、点検ハンマーを用いた打音検査などを含めます。

※ショーボンド建設では、これまでに非常に多くのコンクリート構造物の調査・診断実績を持っています。調査計画立案から実際の調査、診断まで、お気軽にお問い合わせください。