HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 調査・診断・施工管理技術 >> かぶり厚さ HOME

鉄筋コンクリートにとってかぶりとは、本来は鉄筋とコンクリートが十分一体化して働くために必要な断面であると考えられます。しかし、近年、塩害や中性化などの劣化が問題視されるにしたがい、鉄筋を腐食させる劣化因子の遮断層としての働きが重要になってきています。
かぶり厚さを十分に保っていることは、劣化環境にあるコンクリートの耐久性にとって非常に重要であり、かぶり厚さの調査は、劣化の進行や寿命を考慮する上で極めて重要です。

はつり検査

かぶり厚さはつり調査では、実際にかぶりコンクリートをはつり、鉄筋を露出させた上でかぶり厚さを測定する方法です。
部分的な破壊調査となりますが、最も確実な方法であり、鉄筋のかぶりを正確に測定できると同時に、実際の鉄筋腐食程度を観察でき、また自然電位や分極抵抗測定などを行う際には、はつり部分を利用して全体の計測を行うことができるため、汎用性の高い手法です。

電磁波レーダー法

電磁波レーダー法は、コンクリート中の鉄筋や埋設物などを探知する方法です。この方法は、コンクリート中に送信された電磁波が、性状の異なる物質の界面で反射されることを利用したもので、反射された電磁波を受信することで鉄筋や空洞を探知し、さらに受信までに要した時間からこれらの位置を推定できます。
ただし、この手法でかぶり厚さを測定する場合、コンクリートの性状や状態によって測定値が異なることがあり、正確な値を得るには適しません。あくまで参考程度に使用することが望ましいといえます。



電磁誘導法

電磁誘導法は、金属探知機にも使用される方法で、磁性を帯びた金属に反応し、これを探知する方法です。具体的には、試験プローブの励磁コイルに交流電流を流し、交流磁場を発生させます。そのとき磁場内に磁性体が存在すると、磁性体に電流が流れ、さらに磁場が形成されます。この磁場の変化によってプローブ内の検出コイルに電流が流れ、これを検知、解析することで鉄筋位置やかぶり厚さを計測できます。
この方法は、電磁波レーダーと同様に、主に非破壊で鉄筋位置を推定する場合に良く用いられます。かぶり厚さを測定する場合、かぶり厚さが小さい場合にはある程度の精度に信頼を置けますが、かぶり厚さが大きくなるにつれて誤差も大きくなります。また鉄筋ピッチが小さい場合にも正確な調査ができない場合があるので、はつり調査等と組み合わせて用いることが望ましいといえます。

※その他、調査計画立案から調査、診断まで、お気軽にお問い合わせください。

▲TOP