HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 土木分野 >> 橋梁 >> SSP工法 HOME



SSP工法 「SSP(Super Strengthening Pile Bents)工法」は、既設のパイルベント橋脚に巻き立てた鋼板をジャッキにて順次圧入したのち、杭と鋼板の間にモルタルを充てんして一体化、耐震補強を行う工法です。


SSP工法は以下の特長を有しています。

  1. 大規模な仮設締め切りが不要で経済性に優れた工法です。
  2. 狭い桁下クリアランスでの施工が可能です。
  3. 補強断面が小さく、河積阻害率を大きく変えません。
  4. 低騒音・低振動で周辺環境に大きな影響を与えません。


設計法:

  • 地上部を橋脚部、地中部を基礎部と仮定して地震時保有水平耐力法により設計します。
  • 地上部は、橋脚が地震時に破壊しないように設計します。
  • 地中部は、橋脚が地震時に降伏しないように設計します。

適用条件:

  • 既設杭種は、鋼管杭、PHC杭、PC杭、RC杭(場所打ち杭を除く)を対象としています。
  • 既設杭の杭径は、400〜1200mmが対象です。
  • 適用土質は、粘性土、砂質土、礫質土等です。
  • 桁下空間は、2.5〜3.0m程度必要です。
設計法
工法概要図

施工手順:

施工は以下の手順を基本とします。




鋼管圧入状況 無収縮モルタル充てん状況





  2重鋼管とモルタルの複合構造で補強された杭の曲げ試験を実施し、補強後の耐力の向上を確認しています。




SSP工法では、以下の材料を使用しています。

  • 補強鋼板(溶接構造用圧延鋼材、厚さ6mm以上)
  • 充てんモルタル(高流動水中不分離型無収縮モルタル、圧縮強度45N/以上)
  • 接着剤(エポキシ樹脂系接着剤)

▲TOP