HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 土木分野 >> 橋梁 >> RACシート工法 HOME
コンクリートの高機能劣化防止工法
RACシート工法

RACシート工法とは

特殊な粘着シートを用いたコンクリートの高機能劣化防止工法です。
塗装系の劣化防止工法では困難な、短時間施工や低温環境下における施工など、厳しい施工条件下での作業に最適な工法です。



  1. RACシート工法施工が簡単です。
    ・既存の保護塗装を補修する場合は、下地処理後、RACシート
     を貼るだけで完了です。
    ・塗装系工法や接着剤を使用した工法のような養生は、必要あり
     ません。
     
  2. ひび割れ追従性に優れています。
    ・特殊粘着シートを用いるため、伸縮性に優れており、低温環境
     下でもひび割れの動きに追従します。
    ・鉄道高架橋のような、振動でひび割れが開閉する場所にも適
     用できます。
     
  3. 耐候性に優れ、高品質で均一な仕上りです。
    ・表面の耐候性フッ素フィルムにより、耐候性の向上が図られて
     います。
    ・劣化因子(水分、塩分、二酸化炭素等)の浸入抑制性能に優れています。
    ・塗装系工法と比較し、高品質で均一な仕上り面が得られます。



■活膜保護塗装面に貼る場合 ■コンクリート面または劣化した保護塗装面に貼る場合
活膜保護塗装面に貼る場合 コンクリート面または劣化した保護塗装面に貼る場合
*本工法は、東日本旅客鉄道株式会社・ショーボンド建設株式会社・日東電工株式会社の3社共同開発工法です。(特許出願中)

■シートの構成
 
シートの構成
             *シート面の色は、変更できません。


1 下地処理
施工面の下地処理は、被着面により次のように行います。
●活膜保護塗装面 :高圧洗浄処理
●コンクリート面および劣化保護塗装面 :サンダー処理後、プライマー+パテにより、下地を整えます。

2

シートの貼り付け
シート貼り付け面の離型フィルムを剥がしながら、気泡が残らないように注意して、手またはゴムローラー等で圧着します。

3

完成


下地処理 シートの貼り付け
下地処理 シートの貼り付け
ゴムローラーによる圧着 完成
ゴムローラーによる圧着 完成


RACシートのひび割れ追従性
温冷繰り返しおよびアルカリ水溶液による負荷を与えた供試体に、それぞれ繰り返し伸縮を与え、ひび割
れ追従性能を確認しました。

  • 温冷繰り返しの条件:
    水浸20 18時間 → 気中60℃ 3時間 → 気中−20℃ 3時間のサイクルを10回繰り返し。
  • アルカリ水溶液による負荷の条件:
    20℃ 飽和Ca(OH)2 水溶液に30日間、半浸漬。
試験状況
供試体

試験温度(℃)

試験後の状況
温冷繰り返し後
供試体
−10 シートに異常なし
+20 同上
アルカリ水溶液
浸漬後供試体
−10 同上
+20 同上
・試験方法:

供試体を1.5mmの引張状態から、1.0mm(0.5〜2.5mm)の繰り返し伸縮を2000回(5回/分)実施。

・評価方法: 試験後に供試体を2.5mmの引張状態でシートを目視観察する。
試験状況




▲TOP