HOME ショーボンド建設株式会社
HOME > 分野・構造物から選ぶ > 土木分野 > トンネル > TNセーフティーシート工法 HOME
トンネル目地部のはく落対策工法
TNセーフティーシート工法

TNセーフティーシート工法とは

TNセーフティーシート工法TNセーフティーシート工法は、トンネルにおける目地部からの
コンクリート片のはく落を防止する予防的対策工法です。


主な特長

  1. TNセーフティーシートを専用接着剤で貼るだけの簡単な作業です。
  2. 超耐候性フッ素フィルムで構成されていますので、耐候性、耐久性に優れています。
  3. 再補修も簡単で、コストパフォーマンスに優れています。

施工手順

取り付け状況
取り付け状況
断面図
断面図
下地処理
ディスクサンダーなどで下地処理します。
プライマー塗布
専用プライマーのHBプライマーを塗布します。
接着剤の塗布
ゴムへらなどで、貼付け面に接着剤を塗布します。
TNセーフティーシートの貼付
覆工コンクリートに、図のように貼り付けます。

 

使用材料
ハイブリッドシート工法で使用する材料は以下のとおりです。

  • PDFTNセーフティーシート (超耐候性ラミネートフィルムテープ)
    構成:3層構造ラミネートフィルム
        (保護フィルム+超耐候性フッ素フィルム+3軸メッシュ状補強繊維+不織布)
    形状:幅×長さ=485mm×100m/巻   色調:グレー
  • PDFショーボンドHB(貼付用接着剤)
  • PDFショーボンドHBプライマー (専用プライマー)

  • PDFカタログ
  • 本工法のお問い合わせ、お見積およびご注文は、弊社各営業所までお願いします。



▲TOP