HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> ライオンGRLC-J HOME
超速硬軽量断面修復材 お問い合わせ
ライオンGRLC-J

ライオンGRLC-Jとは

ライオンGRLC-JライオンGRLC-Jは、超速硬セメントをベースにした
特殊無機系材料を主成分とし、高機能性特殊粉末樹
脂をプレミックスした軽量ポリマーセメントモルタルです。
凝結遅延剤により、凝結時間の調整が可能です。


特長

  1. 1時間で約5N/mm2 を発現
    材齢1時間で5N/mm2 程度の圧縮強度が発現します。
     
  2. 優れた付着性
    軽量のため、天井面でも約30mm/1層の厚付けが可能です。
     
  3. 優れた耐久性
    無機系の特殊材料が主成分のため、物性は長期にわたり安定しており、耐久性に優れています。

  4. 施工が容易
    練り混ぜはハンドミキサー等を使用し、コテ仕上げなので、特殊な機械や機材は必要ありません。
     
  5. 凝結時間の調整可能
    凝結遅延剤(ジェットセッター)の使用で、凝結時間を調整できます。

mm2圧縮強度発現、配合例

圧縮強度の測定例

圧縮強度の測定例

配合例

配合 単位量(kg) 練上り量
ライオンGRLC-J

l

m3
示方 1271(127袋) 267〜292 1000 1.0
10.0(1袋) 2.1〜2.3 約7.9 0.0079
注) 標準水量はライオンGRLC-J1袋に対し、2.2lですが気温等により水量は多少変動します。
   使用前には必要に応じて試験練りを行い、水量・流動性・強度等を確認してください。

施工手順

ライオンGRLC-Jの施工時は、必ず保護具(手袋、マスク、メガネ)を着用してください。

  1. 下地処理工
    塗布面に付着している泥・ほこり等を除去します。油脂類は、シンナー等で除去します。
    また、清掃後の塗布面は、水打ち処理を行い湿潤状態に保ってください。
     
  2. 計量・混練
    所定量の清水に、ハンドミキサー等で攪拌しながら粉体を徐々に投入し、均一になるまで混練りします。
     
  3. 施工方法
    コテ等で3〜5mm厚みでしごき塗りをします。さらに追っかけで塗りあげてください。
    1回の塗り厚は、天井面で約30mm、壁面で約40〜50mmを目安とします。
     
  4. 養 生
    施工後は、塗布面が直接日光・風等が当たらないようにシートがけ養生してください。

製品説明・ご注文・お問い合わせなど

  • PDFカタログ
  • ライオンGRLC-Jの製品説明は、PDFこちら
  • ライオンGRLC-Jは住友大阪セメント(株)が製造、ショーボンド建設(株)が販売しています。
  • 本製品のお問い合わせ、お見積およびご注文は、弊社各営業所までお願いします。



▲TOP