HOME ショーボンド建設株式会社
HOME > 分野・構造物から選ぶ > 土木分野 > 橋梁 > AIジョイント(舗装内ジョイント) HOME
橋梁用伸縮装置
AIジョイント (舗装内ジョイント)
1AIジョイントとは

AIジョイント「AIジョイント」は、既設床版をはつることなく、舗装内に設置できる鋼製荷重支持型の伸縮装置です。
部材のすべてが鋼製のため、優れた耐久性を有しており、あらゆる橋種に適用できます。



■疲労載荷試験結果
載荷試験状況

AIジョイントは設計荷重200kN(100kN+衝撃荷重)にて200万回の静的疲労試験をクリアしています。
国道1号線の日交通量約41,000台、大型車交通量約4,500台の通行量の場合、鋼道路橋の疲労設計指針(H14日本道路協会)より試算すると、約40年の設計供用期間となります。

国道一号において、弊社の鋼製ジョイント施工後30年超の実績を有する橋梁があり、モデルケースとして交通量センサスデータ を用いています。

Y = nti/(ADTTsLi×n×365)
  Y 設計で考慮する期間(年)
  nti 疲労設計荷重の載荷回数
  ADTTsLi 一方向一車線あたりの日大型車交通量
  n 頻度補正係数(0.03)

2主な特長

AIジョイントは、ジョイント高さが65mmで、以下の特長を有しています。

  1. 損傷リスクの低減:既設床版内の鉄筋を傷つけることなく設置できます。PC桁端部の箱抜きが不要です。
  2. 騒音対策:はつり時間および交通規制時間の短縮が図れます。
  3. 環境対策:はつり作業で生じる産業廃棄物が減少します。

3種類、構造、施工手順

種類(適用範囲):
形 式 フィンガー遊間D (mm) 適用最大床版遊間
(mm)
伸縮量
(mm)
鋼材質量
(kg/1.8m)
最 大 最 小
AIJ-20
25 5 86 20 42.3(軽量型)
AIJ-20-G(誘導板対応型)
25 5 86 20 53.6(普通型)
AIJ-30
40 10 106 30 44.8(軽量型)
AIJ-30-G(誘導板対応型)
40 10 106 30 55.7(普通型)

構造:
クローザー(二重止水材
二重止水材を取付けることができます。(オプション)
伸縮装置本体の止水材が損傷した場合でも、クローザー(繊維補強ゴムシート)が二重の止水材となり漏水を防止します。
クローザー本体 設置状況




施工手順:
補修時の施工手順は以下のとおりです。

前処理
カッター、はつり、旧ジョイント撤去など。(調整コンクリートは除去してください。)
型枠設置
型枠を床版遊間に挿入・設置
伸縮装置の設置
コンクリートアンカーの打ち込み、舗装面とのレベル調整、補強鉄筋の配筋・溶接
後打ちコンクリートの打設
締固め、表面仕上げ、養生
完 成

4使用材料

AIジョイントでは、以下の材料を使用しています。

  • 鋼材(鋼板、鉄筋)
  • 後打ちコンクリート(補修時には、超速硬コンクリートを使用します。)
  • PDFAI-20PDFAI-20-GPDFAI-30PDFAI-30-G、の製品規格表

▲TOP