HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 土木分野 >> 橋梁 >> クリアクロス工法 HOME
はく落防止対策後に変状進行を目視観察できる補修工法
AIジョイント (舗装内ジョイント)
1クリアクロス工法とは

クリアクロス工法接着剤の含浸により透明になる特殊ビニロンクロス(クリア
クロス) を、透明の接着剤でコンクリートに貼り付ける透明
はく落防止工法です。
・はく落防止:コンクリートのはく落防止工法です。
・可視化:施工後に変状が目視確認できます。

2 主な特長

はく落防止効果

クリアクロス工法は以下の特長を有しています。

  1. はく落防止効果
    クリアクロス工法は、優れたはく落防止性能を有し、
    耐久性、耐候性にも優れています。
    (押抜き試験において、変位10mm以上の範囲で
    最大荷重1.5kN以上が得られること。〈NEXCO
    構造物施工管理要領(H23.7)はく落防止性能
    基準値〉)
     
  2. 変状目視効果
    使用する接着剤・クリアクロス・上塗り塗料は、施工
    後には透明になるため、コンクリートに発生した変状
    を目視確認できます。
     
    施工直後
    促進耐候性試験
    3500時間

3施工手順

施工は以下の手順を基本とします。

1 下地処理
2 プライマー塗布
3 パテ処理
4 含浸接着剤塗布
5 クリアクロスの貼り付け
(含浸作業)
6 上塗り塗装材塗布
7 完成
1.下地処理 2.プライマー塗布
1.下地処理 2.プライマー塗布
3.パテ処理 4.含浸接着剤塗布
3.パテ処理 4.含浸接着剤塗布
5.クリアクロスの貼り付け 6 . 上塗り塗装材塗
5.クリアクロスの貼り付け 6 . 上塗り塗装材塗
7.完成  
7.完成  

4使用材料

クリアクロス工法では、以下のような材料を使用しています。


▲TOP