HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 土木分野 >> 橋梁 >> CAP工法 HOME
ひび割れを浮き立たせ、遠くからでも確認できる「見える化工法」
CAP工法

1CAP工法とは

クラックチェッカー本工法は、コンクリート表面の微細なひび割れ部に注入材
を塗布すると、ひび割れの深部まで浸透接着しますので、
注入器具を用いることなくひび割れ補修ができます。



2 主な特長

  1. 注入器具を用いないで、幅0.3mm以下の微細なひび割れを補修できます。
  2. ひび割れ表面に注入材を塗布するだけで、毛細管現象によりひび割れ内部に浸透し、接着一体化します。
  3. 湿潤したひび割れ面の接着性にも優れています。
  4. ひび割れ部からの劣化因子を遮断する効果があります。

3施工手順

施工は以下の手順を基本とします。

1 グラウトLVの塗布
ひび割れ部にグラウトLVを、ローラー刷毛等を用いて塗布します。
2

グラウトLVの塗布の繰り返し
塗布したグラウトLVは、ひび割れに吸い込まれます。吸い込みがなくなるまで、繰り返しグラウトLVを
数回塗布*します。この時、塗布部はひび割れ部周辺のみとします。

*再塗布の回数は、ひび割れ下部にグラウトLVが溜まった状態(床版下面の場合)になるまでとします。
  ひび割れ内部の状態によりグラウトLVの吸い込みが違うため同一回数にはなりませんが、4〜5回を
  目安としてください。(使用量は、200〜300g/mが目安です。)




4ひび割れ浸透後の状態(曲げ試験後)

供 試 体 :

試験条件:
ひび割れ部塗布5回(横向き浸透)
ひび割れ幅 0.2mm

曲げ試験(23℃)
ひび割れ浸透後の状態

●曲げ試験・破壊後の供試体側面
(下面にグラウトLVを塗布)

1. 接着効果によりひび割れ部は未破壊(注入材浸透部)
2. ひび割れ部で破壊(注入材未浸透部)
3. ひび割れ部以外で破壊

曲げ試験・破壊後の供試体側面

5使用材料

CAP工法では、以下の材料を使用しています。


▲TOP