コンクリートの高機能劣化防止工法 RACシート工法

  1. ホーム
  2. 工法
  3. RACシート工法

特長・概要

RACシート工法とは

特殊な粘着シートを用いたコンクリートの高機能劣化防止工法です。
塗装系の劣化防止工法では困難な、短時間施工や低温環境下における施工など、厳しい施工条件下での作業に最適な工法です。

主な特長

1施工が簡単です。

  • 既存の保護塗装を補修する場合は、下地処理後、RACシートを貼るだけで完了です。
  • 塗装系工法や接着剤を使用した工法のような養生は、必要ありません。

2ひび割れ追従性に優れています。

  • 特殊粘着シートを用いるため、伸縮性に優れており、低温環境下でもひび割れの動きに追従します。
  • 鉄道高架橋のような、振動でひび割れが開閉する場所にも適用できます。

3耐候性に優れ、高品質で均一な仕上りです。

  • 表面の耐候性フッ素フィルムにより、耐候性の向上が図られています。
  • 劣化因子(水分、塩分、二酸化炭素等)の浸入抑制性能に優れています。
  • 塗装系工法と比較し、高品質で均一な仕上り面が得られます。

施工断面・シート構成

カタログ・資料

使用材料

材料名 系統 製品説明書 規格表 SDS カタログ
RACシート 高耐久特殊粘着シート -

67.4 KB

- -
Rプライマー 2液型エポキシ樹脂系プライマー(無溶剤型)

204.3 KB

56.7 KB

682.2 KB

-

注記: 本工法は、東日本旅客鉄道株式会社・ショーボンド建設株式会社・日東電工株式会社の3社共同開発工法です。(特許取得済)