塗るだけで防止する塗布型はく落対策工法 SBトフコート工法 NETIS KT-140069-A

  1. ホーム
  2. 工法
  3. SBトフコート工法

特長・概要

SBトフコート工法とは

コンクリート片のはく落を、塗るだけで防止する塗布型はく落対策工法です。

主な特長

SBトフコート工法は以下の特長を有しています。

1補強シートが不要のはく落対策

塗布するだけで強靭な塗膜を形成しますので、連続繊維補強シートが不要です。

2工期の短縮

連続繊維補強シートの貼り付け工程がなくなります。 コテによる施工で作業性に優れ、樹脂の飛散がありません。
速硬化性の樹脂を使用するため、施工時間ロスが少なく、時間的制約のある現場に最適です。

3施工が容易で、施工効率が向上

連続繊維補強シートが不要のため、付属物の周囲や狭隘部等の施工が容易になり、施工効率が向上します。

概要

カタログ・資料

使用材料

材料名 系統 製品説明書 規格表 SDS カタログ
SBトフコートフィラー エポキシ樹脂系ポリマーセメントモルタル素地調整材

118.3 KB

52.1 KB

267.8 KB

-
SBトフコートプライマー 溶剤系エポキシ樹脂プライマー

109.3 KB

52.5 KB

271.4 KB

-
SBトフコート中塗 ウレアウレタン樹脂補強中塗材

121.9 KB

56.0 KB

296.9 KB

-
SBトフコート上塗F 溶剤系フッ素樹脂上塗材

106.6 KB

52.7 KB

297.9 KB

-