無水、安全、低騒音環境に配慮したコンクリート構造物解体工法 完全無水切断解体システム

  1. ホーム
  2. 工法
  3. 完全無水切断解体システム

特長・概要

全無水切断解体システム

「完全無水切断解体システム」は、コンクリート構造物の切断・穿孔に水を全く使用しないで、フルカバーで集塵するため汚泥水や粉塵の発生がなく、環境に優しい安全なシステムです。

床版解体の概念図

主な特長

完全無水切断解体システムは以下の特長を有しています。

1環境にやさしい工法です。

  • 水を全く使用しないので、汚泥水が発生しません。
  • 周辺環境に配慮した、低騒音解体工法です。
  • 解体時に発生する粉塵は、大型集塵機で強制集塵します。

2安全な作業環境を確保しています。

  • 使用機器は、ワイヤーソーも含め防塵防護カバーでフルカバーされていますので、作業の安全性が確保されます。
  • 鋼板で補強された構造物でも、従来工法に比べ迅速に切断可能です。
  • 汚泥水が発生しないので、廃水養生処理対策は不要です。(跨線橋、高架橋等に効果を発揮します)
  • 既設床版等のコンクリートは、ブロックで解体されるため、コンクリートガラの飛散が最小限となり、足場の補強は不要です。

カタログ・資料

注記: この工法は、日本ファステム株式会社と共同で開発された解体工法です。