ひび割れを浮き立たせ、遠くからでも確認できるひび割れ発生確認シート クラックチェッカー

  1. ホーム
  2. 工法
  3. クラックチェッカー

特長・概要

クラックチェッカーとは

クラックチェッカーは、コンクリート表面にチェッククロスをシリコン樹脂で含浸接着することで、ひび割れが発生すると白く浮き出てきますので、遠くからでもひび割れを目視確認できる「見える化工法」です。

主な特長

クラックチェッカーは以下の特長を有しています。

1ひび割れの確認が、離れていても容易にできます。

2将来、補強が必要になった時は、はがさずに、そのまま重ねて補強できます。

3極めて軽量なため、橋梁点検時に合わせて容易に施工できます。

4劣化対策(中性化)の性能を持っています。


  • チェッククロスの貼り付け

  • ひび割れ部拡大

カタログ・資料

使用材料

材料名 系統 製品説明書 規格表 SDS カタログ
PVMプライマー 2液無溶剤型エポキシ樹脂系プライマー

148.7 KB

54.1 KB

- -
PVMクリアトップ 1液水性シリコン樹脂上塗り塗料

198.8 KB

907.1 KB

195.2 KB

-
チェッククロス ひび割れ発生確認シート -

916.6 KB

- -