HOME ショーボンド建設株式会社
HOME > 分野・構造物から選ぶ > 土木分野 > 河川・水利構造物 > 小断面修復工法 HOME

断面修復
コンクリート構造物は、ジャンカなどの初期欠陥、塩害、中性化などの劣化、衝突などの損傷によって、部分的にコンクリートの断面欠損が起こることがあります。このような断面欠損は、構造的な視点、耐久性の視点、美観の視点から考えて、好ましくないこともあります。 小断面修復工法では、このような部分的で小規模な断面の欠損に対し、モルタルやパテ材で修復する方法です。




弊社では、パテ状の材料を使用して、左官などによる小規模な断面修復を行う場合を小断面修復、型枠を設置し、注入などの手法で大規模に修復する場合を大断面修復と区分しています。
小断面修復では、状況に応じて、いくつかの材料を使い分けます。
例えば、床版下面のように上向きに施工を行う必要がある場合、修復材の自重で修復材の硬化前にはく離してしまう恐れがあるため、非常に軽量(比重が小さい)の材料を選定することもあります。その他、要求性能にあわせ、様々な材料を選定しています。





施工は以下の手順を基本とします。

施工状況
下地処理
浮き、脆弱部、ほこり等をハンマーやワイヤーブラシで除去し、清浄にします。

プライマー工
適正なプライマーを塗布します。セメント系では水を使うこともあります。

断面補修工
コテなどを用いて欠損部に断面修復材を施工します。

養生工
断面修復材が硬化するまで、雨水などにさらされないよう、養生します。




各材料ごとに、様々な品質試験を行っています。詳細については各営業所にお問い合わせください。




小断面修復工法で使用する材料を示します。なお、詳細については各営業所にお問い合わせください。


小断面修復工法に関するお問い合わせは、弊社各営業所までお願いします。

▲TOP