HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 製品一覧 >> ショーボンド#202-72h HOME
エポキシ樹脂系接着剤 お問い合わせ
ショーボンド#202-72h

1ショーボンド#202-72hとは

シリケートガード#202-72hは、新・旧コンクリートの打継ぎ、カサ上げ専用
接着剤です。
生(新)コンクリートの打設有効時間*が72時間(3日
間)と非常に長い、湿潤面対応型の新旧コンクリート打ち継ぎ用接着剤です。
無溶剤のため、塗布直後よりコンクリートの打設が可能です。
 
*接着剤塗布後、接着力が発揮できる生(新)コンクリー
  ト打設の限定時間


2主な用途

新・旧コンクリートの打継ぎ、カサ上げ
基礎コンクリートの打継ぎ・カサ上げ、舗装改良による路肩のカサ上げ、橋台の拡幅、堤防・防潮堤・放水路・
ダムのエプロンなどの打継ぎ・カサ上げ、仕上げモルタル肌分れ防止・防水用など、用途の広い接着剤です。

各種躯体とセメントモルタルの接着
左官ゴテによる仕上げモルタルの接着用として肌分れ防止に最適な接着剤です。特に、防水・気密を必要とする
場所には、優れた効果を発揮します。



3使用方法

ショーボンド#202-72hの使用時は、必ず保護具(手袋、マスク、メガネ)を着用してください。

  1. ショーボンド#202-72hは、主剤と硬化剤に分かれており、十分に混ぜ合わせてから使用します。
     
  2. 主剤と硬化剤の配合比は4:1の重量比割合です。
     
  3. 円筒ペール缶などの攪拌容器に主剤と硬化剤を所定の配合比で計量し、液状樹脂撹拌機などで十分に
    混合攪拌します。
     
  4. 混合すると徐々に硬化を始めます。可使時間(表参照)を確認の上、できるだけすみやかに塗布します。
    (可使時間内に使いきる量を混合してください。)
     
  5. ショーボンド#202-72hを塗布後、接着力を発揮できる時間(打設有効時間)に制限があります。
    打設有効時間(表参照)を参考に、新コンクリートを打設してください。

4施工法

●ショーボンド#202-72hの施工時は、必ず保護具(手袋、マスク、メガネ)を着用してください。

1. 表面処理: 十分な接着効果をあげるため、施工前に必ず接着面の表面処理を行ってください。
接着面のレイタンス、汚れ、錆、塗料、油脂分をサンダー、ワイヤブラシ、シンナーを含ませたウエスなどで取り除きます。
2. 接   着 : 接着する面にショーボンド#202‐72hをハケ、ゴムヘラなどですみやかに塗布し、打設有効時間(表参照)内に新コンクリートを打設します。
3. 塗 布 量 : 塗布量は、塗布面の状態により異なります。

塗布方法 塗布面の状態 1m2当りの塗布量
ハケ塗り 粗仕上げ(型枠)面 0.3〜0.5kg
ハツリ・チッピング面 0.5〜0.7kg

4. 養   生 : 接着する面にショーボンド#202‐72hをハケ、ゴムヘラなどですみやかに塗布し、打設有効時間(表参照)内に新コンクリートを打設します。
■可使時間・打設有効時間
タイプ Wタイプ Sタイプ
温   度 5℃ 15℃ 15℃ 30℃ 35℃
可使時間 90分 60分 70分 30分 20分
打設有効時間 120時間 120時間 120時間 96時間 72時間
適用温度範囲 5〜15℃ 15〜30℃
荷   姿 10kgセット(主剤:8kg、硬化剤:2kg)

*直射日光等の日照条件により躯体温度が高い場合、打設有効時間が短くなります。
  シート等により日よけ養生を行い、温度上昇しないよう対策を施してください。


5製品説明・ご注文・お問い合わせなど

・#202-72hは、国土交通省新技術情報提供システム(NETIS)に登録されています(KT-140073-A)。
・#202-72hの製品説明は、PDFこちらまで。
・本製品のお問い合わせ、お見積およびご注文は、弊社各営業所までお願いします。




▲TOP