HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 建築分野 >> 耐震ケーブルブレース HOME



機能内蔵型SNゴム支承とは屋根面架構の耐力が不足していると、地震発生時に屋根面・天井板の落下や一部の柱への応力集中による崩壊が生じる危険性があります。
耐震ケーブルブレースは、ケーブルの特性を活かすことで、形鋼・棒鋼を使った従来工法に対して、
大幅に補強材の軽量化、工期短縮を可能にしました。




耐震ケーブルブレースは以下の特長を有しています。

軽 量 部材重量は従来工法の約4割。軽量のため、地震時の揺れは小さく抑えられます。
短工期 工期は従来工法の5〜8割。取付部材・必要となる足場が少ないため、施工期間が短縮できます。
施工性 軽く柔軟性に富むため、運搬・取付が容易で狭小空間での施工性も良好です。


柔らかく軽いケーブルを長尺・少数で設置


1.材料特性

  • 溶融亜鉛めっきした素線を撚り合せたPC鋼より線
  • 一般鋼材の約4〜5倍の耐力(小断面、軽量)
  • 初期伸び無し
  • 一般鋼材と同等の弾性係数(195kN/
  • 地震時に即、耐震補強効果を発揮

2.ケーブル部

  • ケーブルの使用引張力:0.85Py(Py:JIS G 3536規定の0.2%永久伸びに対する試験力)。
  • 0.85Pyが地震時の作用力を上回る径のケーブルを簡易計算で選定。
  • 標準品:亜鉛めっきPC鋼より線+ポリエチレン被覆(黒色)
呼び名 公称断面積
()
最大試験力
(kN)
Py
(kN)
0.85Py
(kN)
伸び
(%)
7本より12.7mm 98.7 183以上 156以上 132 3.5以上
7本より15.2mm 138.7 261以上 222以上 188
19本より17.8mm 208.4 387以上 330以上 280
19本より19.3mm 243.7 451以上 387以上 328
19本より21.8mm 312.9 573以上 495以上 420
19本より28.6mm 532.4 949以上 807以上 685

3.端末金具

  • 端末金具の破断荷重は、ケーブルの規格破断荷重以上
  • 地震時の変形に追随し、取付も容易なピン定着
  • アジャスターにより長さ調整が可能
  • 端末金具は溶融亜鉛めっき仕上げのため、取付後の防錆塗装は不要


耐震ケーブルブレース本体 標準形状



耐震ケーブルブレースは以下の手順で施工します。

1. 定着金具取付(ボルト接合) 4. ケーブル取付け
2. ケーブル荷姿、運搬 5. ケーブル緊張(トルク管理)
3. ケーブル配線 6. 施工完了
孔明け
定着金具取付

補剛材取付

ケーブル取付

ケーブル緊張


  • PDFカタログ
  • 耐震ケーブルブレースは、神鋼鋼線工業(株)より技術供与を受けています。また、(財)日本建築センターの技術評価を取得しています(BCJ-審査証明-198)。
  • ショーボンド建設では、施工はもとより補強設計支援も行っています。
    耐震ケーブルブレースに関するお問い合わせは、弊社東京建築支店、大阪建築支店まで、お願いします。

▲TOP