HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 土木分野 >> 橋梁 >> 鋼板接着工法 HOME


鋼板接着 「鋼板接着工法」は、既設の鉄筋コンクリート床版の下面に鋼板を接着させて、床版の剛性を増すことにより耐荷力の向上を図る工法です。コンクリート床版と鋼板の間の空隙には、エポキシ樹脂系注入材を注入し、一体化を図ります。



鋼板接着工法は以下の特長を有しています。

  1. 構造図橋梁下面での作業のため、橋上の交通に影響を与えません。
  2. 活荷重や増加死荷重に対して、既存の床版と一体となって抵抗します。
  3. 床版と鋼板の間に注入した樹脂は、床版のひび割れにも侵入して、既存床版の耐久性を向上させます。
  4. 補強後の死荷重の増加が小さく、橋桁への影響の少ない工法です。
  5. 鋼板は、設置可能な大きさに分割して床版に取付けます。さらに、隣接する鋼板を添接板によって連結し、橋軸方向の連続性を確保します。



本工法は、上図に示すように補強鋼板をコンクリートアンカーで床版に取付け、鋼板の縁をシール後、当該箇所から樹脂を注入して補強を行うものです。
なお、耐久性確保の観点から雨水の床版内への浸入を防止するため、橋面防水対策を行うことが必要です。

施工は以下の手順を基本とします。

コンクリート面の下地処理
コンクリートアンカー設置
鋼板取付け
鋼板廻りシール施工、注入パイプ取付け
エポキシ樹脂系注入材の注入
仕上げ
鋼板塗装
完成
鋼板取付け工
鋼板取付け工
シール工
シール工
注入工
注入工


輪荷重走行試験
輪荷重走行試験装置での試験状況

各機関で実施された既設床版に対する鋼板接着補強工法での静的および動的試験により、他の床版補強工法に比べてその高い補強効果が確認されています。

鋼板接着補強工法では、以下のような材料を使用しています。



▲TOP