HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 土木分野 >> トンネル >> 鋼板接着工法 HOME


鋼板接着工法 鋼板接着工法は、覆工コンクリートに鋼板を接着一体化させ、剛度を増加させる工法です。鋼板をアンカーボルトで覆工に固定し、覆工との間に設けた数mmの空隙に、エポキシ樹脂を注入します。

  1. 内空断面の確保
    施工仕上がりが1cm程度であり、比較的内空断面の減少が少ない工法です。
     
  2. 補強効果
    鋼板には覆工内面に生じる引張応力を受け持たせるため、曲げひび割れの開口を抑制する効果が期待できます。また、はく落防止の効果が期待できます。
     
  3. 耐久性・耐食性
    被覆効果により、内空側からの覆工の劣化を抑制できます。なお、鋼板の防食のため、定期的に塗装する必要があります。




一般的な鋼板接着工法の断面図を示します。


鋼板接着補強工法では、以下のような材料を使用しています。




施工前   現場調査工
 
鋼板取付工   シール工
 
注入工   完成


▲TOP