HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 土木分野 >> 橋梁トンネル河川・水利構造物 HOME


CFRP接着工法「CFRP接着工法」は、鉄筋コンクリート構造物に炭素繊維シートをエポキシ樹脂で含浸させながら積層し、躯体と接着一体化させて補強する工法です。
橋梁の床版、梁、橋脚およびトンネル覆工コンクリート等に適用できます。



CFRP接着工法は以下の特長を有しています。

  1. 炭素繊維は、鋼材と同等の弾性係数、鉄の数倍の引
    張強度を持っています。
  2. 軽量でかつ現場成形なので、特に狭隘な空間内での
    施工性に優れています。
  3. アンカー等が不要で、躯体を痛める恐れがありません。
  4. 他の補強工法と比較すると、死荷重の増大が少なくな
    ります。
  5. 施工後の仕上がり厚さが1〜2mm程度であり、補強前
    後の形状がほとんど変わりません。
  6. 床版補強では、ひび割れの動きを抑制し、疲労耐久性
    の向上が期待できます。
  7. 騒音・振動を発生させる機材を使用しません。



施工は以下の手順を基本とします。

コンクリート面の下地処理、不陸調整
プライマー塗布
炭素繊維シート接着
(必要層数の積層)
仕上げ塗装
完成
アイロンローラー
アイロンローラー アイロンローラー
アイロンローラーによる樹脂含浸施工状況>
(アイロンを使用した樹脂含浸方法は、ショーボンド建設の特許です)


 ■橋梁床版・梁
   各機関で実施された既設床版および梁に対するCFRP接着補強工法での静的および動的試験により、
   高い補強効果とひび割れ抑制効果が確認されています。

 ■橋 脚
   NEXCO等で実施された載荷試験により、本工法に対する補強効果が確認されています。



CFRP接着工法では、以下のような材料を使用しています。


▲TOP