HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 土木分野 >> 橋梁 >> 緩衝ブロック HOME


緩衝ブロック
緩衝ブロックは、落橋防止装置のブラケット等の表面に取付けて、地震時に作用する衝撃力を緩和して、構造物へのダメージを最小限に押さえることを目的に開発した合成ゴム製のブロックです。



緩衝ブロックは、以下の特長を有しています。

  1. 表面に凹を設けて、衝突時のエネルギー吸収能力を高めています。
  2. 内蔵した鋼材により、高い耐久性および耐荷力を確保しています。
  3. 耐油性、耐水性、耐候性に優れた緩衝材です。
  4. 緩衝ブロックには、クロロプレンゴム(CRB)と高減衰ゴム(HDRB)を使用した2種類があります。

  A-200 A-150 B-200 B-150
耐荷重(ton) 72 54 48 36
重量(kg) 6.0 4.6 4.0 3.0
*耐荷重は許容支圧応力度120kgf/c で、全面積当りでの換算値です。

CRB-A-200(HDRB-A-200) CRB-A-150(HDRB-A-150)
CRB-B-200(HDRB-B-200) CRB-B-150(HDRB-B-150)
* 鋼製ブラケット(突起)にボルト2箇所で固定します。





ブロックの規格表はPDFこちら



▲TOP