HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 土木分野 >> 下水道 >> PSライニング工法 HOME



PSライニング工法 PSライニング工法は、新設時はもちろんのこと、補修時においても施工可能な防食被覆工法として開発した工法です。特殊吹付けシステムを採用することによって、省力化ならびに急速施工が図られ、材料が速硬化材料であるため、施設を短期間で供用できます。耐酸性能は抜群で、その性能はEPMA(電子線マイクロアナライザー)で検証されています。


PSライニング工法は以下の特長を有しています。

  1. 日本下水道事業団「下水道コンクリート構造物の腐食抑制技術及び防食技術指針・同マニュアル」で定められたC種、種の品質規格に適合します。
  2. 卓越した耐酸性を有しています。
  3. 特殊吹付けシステムを採用し、短期間施工と省力化が可能です。
  4. 防食性能の発現が早く、施設を短期間で供用できます。
  5. 湿潤状態のコンクリートとの接着性に優れており、高湿度の環境でも硬化物性能が変化しません。
  6. 低臭化が図られており、密閉空間でも安全施工ができます。





施工は以下の手順を基本とします。

施工前 下地処理工 断面修復工(天井面) 断面修復完了
表面処理(NS-01の塗布) プライマー塗布状況
  (NSUプライマー)
NS-400の吹付 完成





 PSライニング工法に使用する材料(アクリル樹脂:NS-400)の耐酸性をEPMAを用いて確認しています。40℃、10%硫酸に6ヶ月間浸漬した後の硫酸の侵入深さを、耐酸エポキシ樹脂と比較分析しています。左図がエポキシ樹脂の結果であり、660μmまで侵入しているのに対して、右図のNS-400は30μmと、極めて耐酸性が高いことが確認されています。

耐酸エポキシ樹脂の酸浸入状況 NS-400の酸浸入状況




PSライニング工法の基本仕様を以下に示します。

工 程 用 途 材料名 製品名 目標
膜厚

標準使用量
(kg/ )

塗装方法 塗装間隔
(20℃)
下地処理工* 大断面 断面修復 繊維入り特殊
セメントモルタル
- - 下地による 機械吹付
・コテ
1〜7日間
表面処理材 NS-01 - 0.1 機械噴霧 1〜3日間
小断面 素地調整 エポキシ樹脂系
ポリマーセメント
モルタル
NSモルタル - 下地による 機械吹付
・コテ
1〜7日間
プライマー工 プライマー 1液型
ポリウレタン樹脂
NSU
プライマー
- 0.15 ハケ・
ローラー
1〜24時間
防食被覆工 C種 アクリロイル変性
アクリル樹脂
NS-400 1.0mm 1.7 機械吹付
・コテ
-
1.5mm 2.5

* 劣化断面の厚みによって、断面修復と素地調整を使い分けます。
 素地調整は、新設時または劣化断面の小さい場合にのみ施工し、断面修復施工時には行いません。


 PSライニング工法の施工例とその後の追跡調査の写真を紹介します。左が施工前の状況写真で7年前にタールエポキシ樹脂ライニングが施工されていましたが、著しい変状が出たため、PSライニングで再塗装を実施しました。中央が当時の施工完了写真です。その後6年経過時に、追跡調査を行いました(右の写真)。タールエポキシ樹脂では、対応できなかった腐食環境でしたが、PSライニングによって長期耐久性が確保されていることが確認されています。



▲TOP