HOME ショーボンド建設株式会社
HOME >> 分野・構造物から選ぶ >> 土木分野 >> 橋梁 >> SNゴム支承 HOME


機能内蔵型SNゴム支承とはSNゴム支承は、本体の上沓と下沓の鋼部材に凹凸をつけて、その間にゴムを挟み込む新しい構造を採用しました。この上下部材の噛み合わせにより変位制限機能と水平力支持機能を持たせるとともに、密閉されたゴムの効果により荷重支持性能の向上を実現しました。従来の積層型のゴム支承に比べて、コンパクトな形状と軽量化を実現して現場での施工性の向上が図れます。




SNゴム支承は、以下の特長を有しています。

■特長1

  • 上下鋼部材の凹凸部が「変位制限機能」をかねることにより、サイドブロックを別途設置する必要がなくなりコンパクトな構造を実現しました。
  • 上下鋼部材の凹凸部の間にゴムを密閉することで、荷重支持性能の向上と支承高さの低減を実現しました。
  • 部材の凹凸部を円形にすることで、360 °全方向 に変位追随が可能な構造を実現しました。



■特長2

  • 従来型のゴム支承に比べて高さが約1/2、重量が約1/3となり、狭い施工空間での支承の取替え・設置が可能です。
  • 支承取替えにおいて、沓座面コンクリートのはつり断面積が小さくなり、コストの低減を実現しました。






施工は以下の手順を基本とします。

けたの仮受け支持
支保工または下部工に取付けた仮受け支持用ブラケットにて、けた荷重を支持させます。
躯体コンクリートはつり
SNゴム支承を取り付ける箇所の既存支承を撤去し、躯体コンクリートをはつります。

アンカーボルト取付け
あと施工アンカーなどでアンカーボルトを取付けます。既設のアンカーを使用することも可能です。

SNゴム支承の設置
SNゴム支承を桁、およびアンカーボルトに取り付けます。

モルタル打設
コンクリートはつり部分にモルタルを打設し、完成です。





SNゴム支承の材質・形状・種類を示します。

■使用材料

  部品名 材質
1 ゴム支承 NR G10 NR+SM490A
2 上沓* SM490A
3 ステンレス板* SUS316
4 すべり板* PTFE
5 上揚力止め* SM490A
6 六角ボルト 強度区分 8.8 or 10.9
7 ベースプレート SM490A
8 アンカー・ボルトナット S35CN
*=可動型ゴム支承の部材
●部品材料には溶融亜鉛めっきを施します。
  ただし、ゴム支承については鋼板露出部のみとします。

■固定型ゴム支承
固定型ゴム支承
設計反力 500kN

750kN

1000kN 1250kN 1500kN
H 115 132 136 146 160
h1 90 100 100 110 120
h2 25 32 36 36 40
ΦA1 Φ240 Φ280 Φ320 Φ350 Φ380
B1 320 390 440 470 510
B2 520 640 720 790 860
B3 300 370 420 450 490
p1 110 120 110 120 120
p2 - - 55 60 70
p3 200 250 280 280 310
p4 400 500 560 600 660
Φd Φ32 Φ42 Φ46 Φ50 Φ55
重量(kg) 81.5 148.2 202.4 249.1 324.7


■可動型ゴム支承
可動型ゴム支承
設計反力 500kN

750kN

1000kN 1250kN 1500kN
H 133 145 150 166 175
h1 111 120 122 138 143
h2 22 25 28 28 32
A1 270 310 350 380 410
A11 370 430 490 520 570
A2 296 344 388 424 456
A22 210 250 290 320 350
B1 310 360 410 420 450
B2 470 570 660 740 830
B3 290 340 390 400 430
B4 310 380 440 460 530
p1 160 160 220 200 160
p2 - - - 60 90
p3 120 160 160 200 200
p4 230 260 300 260 280
p5 390 470 550 580 660
Φd Φ25 Φ30 Φ36 Φ38 Φ42
重量(kg) 91.4 139.2 191.3 243.2 308.0

▲TOP