梁補強工法 鋼板接着工法(梁補強)

  1. ホーム
  2. 工法
  3. 鋼板接着工法(梁補強)

特長・概要

鋼板接着工法とは

「鋼板接着工法」は、耐荷力不足のコンクリート梁の側面および下面にエポキシ樹脂系接着剤により補強鋼板を接着一体化させて、梁の曲げおよびせん断耐力の向上を図る工法です。

主な特長

鋼板接着工法は以下の特長を有しています。

1橋梁下面での作業のため、橋上の交通に影響を与えません。

2活荷重や死荷重の増加に対して、既存の梁と一体となって抵抗します。

3梁と鋼板の間に注入した樹脂は、梁のひび割れにも侵入して、既存梁の耐久性を向上させます。

4補強後の死荷重の増加が小さく、構造物等への負担の少ない工法です。

5鋼板は設置可能な大きさに分割して梁に取付けます。また、隣接する鋼板を添接板によって連結し、橋軸方向の連続性を確保します。

6箱桁や床版橋等の場合、施工性、経済性から短冊状の鋼板による接着補強が行われます。

構造

本工法は、下図に示すように補強鋼板をコンクリートアンカーで梁に取付け、鋼板の縁をシール後、注入パイプから樹脂を注入して補強を行うものです。

カタログ・資料

使用材料

材料名 系統 製品説明書 規格表 SDS カタログ
#101 2液型エポキシ樹脂系接着剤

211.0 KB

62.2 KB

310.2 KB

471.3 KB

WBシール 2液型エポキシ樹脂系接着剤(湿潤面対応型)

115.3 KB

63.7 KB

271.5 KB

371.5 KB

グラウト 2液型エポキシ樹脂系注入接着剤

127.0 KB

61.5 KB

317.9 KB

443.9 KB

WBグラウト 2液型エポキシ樹脂系注入接着剤(湿潤面対応型)

129.1 KB

65.0 KB

288.3 KB

459.8 KB